2014 10/01

歯科医院でインプラントをしたいけど自由診療で自己負担だからかなりお金がかかる・・・とお悩みのあなたに朗報です!

実は、歯科医院でのインプラント治療が一部歯科医院で保険適用となったことをご存知ですか?!

詳細をご説明します!

上記の”一部歯科医院”とは、”定められた5つの基準を満たしている歯科医院”となります。

その5つの基準は各種ホームページに記載されていますのでご確認ください。

ただし、現実にはほとんど基準を満たすことができません。

特に基準のひとつである「病院であること」が高い壁となっているのです。

一般的に病院は「ベッド数が20床以上の入院施設を持っているもの」であるため、ベッドが20床もある歯科医院は大学病院を除けばほぼ存在しないでしょう。

また、症例によっては健康保険が適用されません。

腫瘍や骨髄炎などの顎骨欠損などでなければならないのです。

重篤な病気や事故などによる歯槽骨欠損である必要があります。

さらに、広範囲にわたってあごの骨を失ってしまっている状態でなければなりません。

患者側も基準を満たすのが難しいかもしれませんが、もし満たすのであれば健康保険が適用されるインプラント治療をご検討ください!

2014 10/01

年も明けましたが、毎日とても寒い日が続いていますよね。
こう寒いと、なかなか外に出て何かをしようなんて気にもならず、最近はパソコンや読書などもっぱら家の中で楽しむことが多くなりました。
いろんなサイトで面白そうな本の情報を探しているのですが、最近ちょっと参考にしているのが文庫本なんかのランキングを紹介しているサイトです。

ちなみに本が探しやすくてオススメなのは【文芸・小説 | 人気の電子書籍ならゴマブックス】というこちらのページ(URL:http://www.goma-books.com/digital/novel)です。

じっくり読めそうな本を探していてこちらで見つけたのが「宮本武蔵 五巻」なのですが、ちょっと渋いでしょうか(笑)
実は、結構時代小説のようなものが好きなので、4巻まではすでに読んだことがあり、今回こちらを選んでみたというわけです。
シリーズものは、やはり完結まで読まないと満足感が得られませんよね。

武蔵と小次郎の対決というのは有名なエピソードなので知っている人も多いかと思いますが、それ以外の部分についてはそんなに知らないという人もいますよね。
でも、剣の道を極めようと精進する武蔵の話は、読んでみると結構はまってしまうと思います。

もし宮本武蔵についてもっと知りたいと思っている人などは、ぜひ1巻から次々と読み進めてみてはいかがでしょうか。